FC2ブログ

取り敢えず、やっと治ったかも

オイル漏れ、LLC漏れですが、やっと治ったかな。
先週末交換後のLLC漏れですが、実は帰宅してから毎晩、修理やってました。
正直、先週の水曜日の段階では、修理できる方にお願いしたいと思う程で、どうしていいのかわかりませんでした。
始めての挫折を経験したような気持ちでテンション下がりまくりで、焦りまくりで、どうようかと思ってました。
知り合いに修理できる方がいないので、自分でやるしかないので、頑張りました。
木曜日の夜にOリングにラバーシールを塗り、ガスケットには液体ガスケットを塗って組付けまでして終了としました。
金曜の朝にLLCを2L入れて漏れがない事を確認してから、仕事に行きました。
帰宅して、夜9時から作業開始しました。タイミングベルトを組み、カバーを付け、プリーを付け、その他ベルトを付け、
10時頃から、エンジンをかけエアー抜きを行い、10時半くらいから、ちょっと走ってみました。
帰宅してもLLCの漏れはなく、大丈夫かなぁ~~4度目の正直です。
まさか、4回もタイミングベルト、ウォーターポンプ交換作業をやる工数もかかるとは思ってもいませんでした。
昨日は起きてから、エアコンのコンプイレッサーにファンベルトをかけ、再度エンジン始動しましたが、
なんか嫌な音がします。ウォーターポンプからかなぁ~~でも新品ですよ~
暫く様子みよっと。
その後も軽トラ弄りを行い。アルトワークスを板金に持っていき。
ワークスですが、水曜日祝日に飛行場に開拓にいったのですが、凄く気を付けて徐行以下のスピートで走っていたのですが、
フロントのバンパーのスポイラーに当たる部分が地面に当たり、割れてしまいました。凄いショックで無理して開拓に来なければ
よかったなぁ~とか、下に車止めて、きんさんに迎えにきてもられば良かったかなぁ~と凄い後悔の中、一日作業しました。
そんなこんなで、板金やに入院しました。
もう正直、今年に入ってから、車弄っている日が毎日のように感じています。
それも、改造ならいいのですが、修理でも時間は非常にもったいない。そのために無駄なお金がかかるし、最悪。

今日は飛行場に軽トラで行って帰ってきましたが、漏れはなかったです。しかし安心はできないです。

まだ、別の場所からオイル漏れの可能とブローバイガス?によるものか?ですが、オイルがタービンからキャブへ流れている
感じで、そちらも気になってます。
こんな車・エンジン購入しなくちゃよかったと超後悔。
完璧になるのはいつなんだろう?トホホ!!
スポンサーサイト



もう限界

いつになっても治らない軽トラ。
先週の金曜日は帰宅してから、午前様まで作業を。
土曜日は完成の予定でいましたが、おそらくオイル漏れはカムシャフトのオイルシールからだと思います。
交換したので、治ったと思うけど。。。
前回、ウォーターポンプ交換を交換させれいたのですが、ダストシールが下手くそな整備士がやったのか、
ちゃんと嵌っていなく切れているし、ベロベロだったので、そちらのプレートは本来外し必要なくポンプは交換できるのですが、
そのプレートを外してダストシールもきちんと嵌めようと外したのが大きな間違いで、それが原因で今度はLLCがダダ洩れ発生。
Oリングがダメになってしまいました。
余計なことをしなければ良かったと後悔。しかし、隙間から水やら誇りがタイミングベルトやらテンショナーに入ったらいやだったので
やったのですけどね。
また全部バラシテネジ締めこんだら、今度は更にじゃじゃじゃ漏れ~もう勘弁してよ。
こんな状況で、土曜日は朝8時から夜10時まで。。その他気になる部分も修理手直ししていたのもありますが、
車の下に居た時間は8時間以上いたのではないでしょうか。
身体中、筋肉痛、肩こりもひどく、持病の目が痛くなく現象が発生。もう吐き気はするは最悪。

漏れていたカムシャトのシール。これが外れない事。通常はスプリングが入っているだけなので、マイナスドラバーで
ひっぱたいて割れば簡単に外れるのに、これは全面は金属でドライバー打ち込めば凹むだけ。
、あぁ~苦労しましたよ~
20210222220745375.jpg

このプラブ(メクラ)も外れない。マイナスで打ち込んだら奥に引っ込んでしまった。
怖かったけど、ドリルで穴をあけて、ネジをぶっさして、何とかとれました。
こういうシールも専用工具使えば楽に外せるのでしょうか?
20210222220743635.jpg

カムシャフトのシールは交換できました。これで大丈夫でしょう(多分)。
20210222220741879.jpg

これをはずしたのが失敗のもとでした。
20210222220739422.jpg
ここに上のプレートを入れるのですが、Oリングやら、ダストシールやらでうまく入れるのは非常に大変。
慣れているかたなら大丈夫ですが、初めての私は凄く難しいです。
20210222220737492.jpg

交換したパーツはこれです。
20210222220731892.jpg

完成したと思いきや。
20210222220734002.jpg

この後、LLCの入れてエアー抜きして治ったと思ったので、ちょっと走行したら、LLCがダダ洩れで。。
帰宅してから、また、同じ作業を。先程も書きましたがネジ締め付けたら、今度はエンジンかけただけで、ダダ洩れ。
もう頭にきたよ。2回もタイミングベルト交換一式をやった感じです。

それでも原因究明しなくちゃで、お風呂入ってから、明日、簡単に外せるところまで、ばらしたら夜10時回ってました。

日曜はあまりの疲れで、通常は朝6時には目が覚めるのですが、8時半まで寝てました。
こんな時間まで寝ていたのは記憶にないくらいですね~
それから、朝飯食べて作業開始。
原因はすぐに特定できました。Oリングの破損です。
それでも日曜日には治したかったので、アストロプロダクトに行きOリング調達にいきましたが、
ちょっと特殊な形状ですが、何とか同じサイズはありました。
しかし、エアーツール用で、耐熱性がないので、諦めました。

帰宅してから、サーモスタットの動作確認もしましたが、ダメなら交換しようかと思いましたが、まだ大丈夫そうなので、
もう少し使う事にします。
20210222220730216.jpg
壊れてもすぐに交換できる場所なので、次回に。たかだか2千円位なので、購入して一緒に交換してもいいのですけどね。

その後は気になる配管を治して、一日終わりました。

部品は本日注文しました。まさか在庫は無いようで、到着は明後日だそうです。
この際全てのシール・カスケット・Oリング注文しました。
今度の作業は土曜日ですね。

ちなみにここが治っても、ターボチャージャー付近のオイル漏れもあるし、クランクシャフトのクラッチ側のシールも漏れて
いるようにも思います。この作業はミッション降ろさないとできないので、もう限界。
タービンもリビルトにしないとだめかもで、なんでこんな目にあうんだ。
乗れば乗る程壊れていく。とんでもない車を購入してしまった。
これなら、もっといい車沢山あったのになぁ~~
もう最悪。
5月に車検なので、最低でも、4月迄には全て修理完了させないとで超焦ってます。
肉体的にも精神的にかなり疲れます。

飛行場の開拓もやらないとだし、発電機2台も治さないとだし、バックホウの旋回モーターもまた、オイルが漏れていそうな
気がしているので、そちらも治さないと。
身体がいくつあっても足らないよ~~~~~~~

オイル漏れがなおらない

20210214223420103.jpg
昨日は車検用のノーマルマフラーを加工して、フランジ付けました。
車検の時だけなので、非常に雑作業です。
まー一応ちゃんと取り付けできるのでOKとします。
欲を言えば中間で2.3カ所曲げを入れないといい位置にはきませんね~

問題のオイル漏れですが、昨日は漏れてなかったのですが、本日、飛行場へ行って確認したら、また漏れているし。
後、考えられるのはカムシャフトのオイルシールかと。もうそれ以外考えられない~~~

もうなんでこんなに苦労しるんだろう?もう騙されたとしか言えないね~このエンジン!!


リフトと狭い場所でもトルクがある小型なインパクトがあれば、簡単に作業できるのになぁ~~
小型な高トルクエアーインパクトレンチあれば自分でやってしまうのになぁ~
後、プリーストッパーもあればいいんだけどなぁ~~
買えば5万円超えちゃうし~~やってもらった方が楽ちんで安いから~
どうしようか悩む。

気になってしょうがないオイル漏れ

ハイゼットターボ化はいつになれば終わるのだろうか?

毎日気になってしょうないなぞのオイル漏れ。
一昨日、昨日共に帰宅してからの作業で夜中まで。
まず、タペット カバー パッキン セットを交換してみる事に!!

また、ヘットカバーを外してみました。相変わらず汚いなぁ~
20210211193430915.jpg

外したヘットカバーのパッキンを交換から。
20210211193433192.jpg

ヘットカバーに本来はターボチャージャーからのオイル戻りで余ったオイル?がヘット内に戻すニップルがついているのですが、
ハイゼット用に替えているのでついてなかったのですよね~
やっぱついていた方がいいので、家にあったワゴンRのキャブ付近についていたニップルを外して、ハイゼットのヘットに
つけました。
20210211193429002.jpg

エンジン本体に戻しました。
20210211193426933.jpg

漏れが始まっている付近のヘットカバーを取り付けているネジ穴がちょっとバカになっていて締め付けが弱かったので、
後ろにナット締めにしました。
これで治るだろうと思っていました。
しかし、本日、飛行場へきんさん購入の薪割り機エンジンの修理に向かいました。
飛行場に到着して恐る恐るみたら、漏れてるし~~~~~マジかよ~~~超( ;∀;)

きんさんのエンジンを治してから、お友達の会社に行って、今度はエンジン溶接機の修理をしました。
こちらはもうちょぃですね~かからなかったエンジンはかかりましたが、高回転にすると燃料不足ぽくて回転が吹けがわるく
なります。この状態でも、チョークをちょっと引くと溶接はできました。次回に持ち越し。

帰宅してから、もう一か所気になっている場所をみたら、オイルがかなり滲んでいました。
20210211193425151.jpg

外してみたら、ベタベタじゃん
20210211193423234.jpg

外したパーツをみたら、パッキンがパッキンになっていない。
これって元々はゴムなの?カチカチだよ。これじゃ漏れるね。
20210211193420996.jpg

Oリングを替えてみよう。

これで治ってください。

治らないと飛行場の開拓に精がでないな。

ハイゼット軽トラ ターボ化 完成はいつになるのか(涙)

先週の土曜日の作業です。
残すはマフラーにフランジ溶接して、現行改造マフラーとノーマルマフラーを取付できるように加工して、一日で終わる予定でしたが・・・

現行マフラーも切ったり、角度を調整で追加パーツ作成したり、フランジ付けたりと意外と
大変でした。もっと簡単に行くと思ったのになぁ~~
20210208072647575.jpg

20210208072658551.jpg

20210208072654868.jpg

触媒側にもフランジつけましたが、角度がついているので、斜めにつけてマフラー側で角度調整しました。
溶接したところが錆びるので、耐熱性の塗装する作業と、車検用のノーマルマフラーは切断して、フランジ溶接をしてマフラーは終了です。今週中には完成させます。

車に装着してこんな感じです。

20210208082023880.jpg

20210208082021499.jpg
20210208082018136.jpg

しかし~~~問題が、どこから漏っているのかわからないオイル漏れが発生しています。
取り合えず、タペット カバー パッキン セットを替えてみます。
それで治らなければ、カムシャフトのオイルシールかと。
こちらなら大変な作業になりそう。。

その他にも心配なところがあります。

いつになったら、完成するんだい。
NEXT≫
プロフィール

apex

Author:apex

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR